2019.07.06 小田原 鴨宮 ジーズキャフェ

おはようございます。昨日は小田原鴨宮ジーズキャフェでのライブでした。

 

昨日はまず名古屋から移動。
時間がたっぷりあったのでのんびりと東海道線で。
富士駅を通りすぎながら少し感慨深くなったりして(笑)

 

熱海駅で偶然久々に会う親戚に会ったり、鴨宮の改札でライブ前の前呑みのためw少し早く鴨宮INしてるファンの方と偶然会ったり、なにかと楽しい予感を抱えながらジーズキャフェに到着。


ジョージさん、音響のアタルさんがいつもの感じで迎えてくれて再会の握手。順調にリハ終了。
オープニングで唄って頂く矢沢ウエイチさんも到着して、恒例の?リハの打ち上げ。
美味しいインドネパール料理屋があるというのでそこへ。ジョージさんの奥様デミさんも合流。モモやタンドリーチキンをつまみにライブ後か?というくらい話し呑む(笑)

 

いい感じでジーズに戻ると、お客さんも集まっていた。再会の握手。

忙しいなかありがとうございます。

 

早速矢沢ウエイチさんのライブ。
寺田町さんの弟子と自らを名乗り、寺田町さんの曲を自分なりにcoverして唄っていた。
師弟関係といっても、もちろん堅苦しいアレじゃなく、親しみを込めた友情のひとつの形なんだと思う。
おれはボスも弟子もいないけど、唄を聴きながら、あったかい気持ちになったよ。
ウエイチさんありがとう!

 

そして、おれの出番。
9日間のツアーも一区切り。

 

ツアーで成長できてるのか自分ではまだよくわからないが、

出来ないことのほうが多いけど、

おれにしかできないこともあるはずだと、

自分を信じ自分を愛し自分の今を唄う。
たくさんの声援ありがとう。アンコールまで絞りきれたかと。


一番心配だった喉が、大きく壊れることなくもってよかった。
せんきゅーまいふれん

 

ライブ後は、ジョージさんに連れられて、鴨宮の町に繰り出しほんとの打ち上げ。
愉快なアザガーヘッズのみなさんも一緒で、昨日も絶好調でしたね。
みんなの楽しそうな顔を見るのが一番の力になるよ。


みんなが終電で帰ったあとはジョージさんと二人ではしご酒。
ジョージさんはまた新しいことを始めようとしている。普通の人ならもう隠居してゆっくりしていい歳なんだけど、ジョージさんは、鴨宮のため、若者のために自分がなにが出来るかを常に考えて新しいことに挑戦し続けているんだよな。


「ダイスケ、良かったぞ」
その一言だけでおれもどこまでも行けます。
また小田原帰ってきます。お世話になりました!

 

 

久しぶりに関西まで足を伸ばした9日間8ヶ所のツアーだったけど、思えばどの町も、親友たちの愛に救われた奇跡の日々だった。
おれは友達に恵まれている。
ライブしに行くというより、親友たちに会いに行くというような気持ちでいつも移動していた。
各地で世話になった友たちよ。
そして会いに来てくれたみなさん。
本当にありがとう!

 

いまは、家にいる織姫たちの顔を思い浮かべながら移動しています。
最後に、おれを旅に出させてくれる最愛の家族に感謝!ありがとー!

 

ではまた次の旅で。

 

※写真は、

昨日のライブの模様と、このツアーに何度も現れるDすけオッカケチームです

いつもありがとう

2019.07.05 名古屋 新栄 BAR Saloon

おはようございます。昨日は名古屋新栄にあるBAR、Saloon(サルーン)でのライブでした。

 

新栄でのライブは実に8年ぶり。rainman時代はよく新栄SONSET STRIPというライブハウスに出演させてもらっていました。もう閉店してしまったのだけど、とても思い出深い場所で、たくさんの出会いがありました。名古屋のバンドマンたちとよく朝まで騒いでたなぁ。

 

で、今回の唄わせてもらったSaloonは、最初にSONSET STRIPに出始めた2004年ころに店長をしていたヒゲさんがその後に始めたBARなのです。
ヒゲさんとは14年ぶりくらいの再会。
だけど、SONSET STRIPのモギリをやっていた時の存在感が濃かったのか、脳裏に焼き付いていて、そこまで久々な気がしなかったなぁ。

 

Saloonは、ちょっと変わった作りで、歌う場所が別室なんですよ(笑)
10屬らいの小さなスペースが、客席から入り口通路を挟んだ先にあって、そこで歌うのです。イメージ伝わるかな。こういう作りはおれもはじめてみたので、行った人じゃないとわからないかも(笑)

最初は少し違和感があったんだけど、意外と別ブースでレコーディングしてるような錯覚になり、かなりライブに集中できました。

ライブハウスシーンに長くいたヒゲさんなので、外音は信頼できるしこっちはこっちでやることやろう!的なモード。

 

おかげさまで、rainman時代からの古くからのお客さまや、お店の常連さんたちで満席になり、懐かしい曲を交えて楽しく唄えました。忙しいなかありがとうございます!

 

今回はオープニングで坂上太一くんが唄ってくれました。ありがとう!
彼とは一回り歳が離れてるんですけど、とてもしっかりした好青年で、歌も演奏もすばらしかったです。介護職を経て去年から本格的にシンガーソングライターとして活動しているそう。音源も精力的に作ってるし、挨拶ひとつにしても見習うところがいっぱいでした。

ソロで回りはじめて、たくさんのソロシンガーに会うんだけど、みんな真面目でしっかりしてるんだよなぁ。
おれの回りのバンドマン連中は輩ばっかりだからさぁ(笑)
バンドマンもみんなもちろん純粋で真剣に音楽やってるんだけど、ソロのひとたちは爽やかさが加わるんだよな(笑)

 

Saloon、またお気に入りのお店が増えました。

ヒゲさんありがとう。また寄らせてもらいます。


名古屋のみなさま、また9月に藤が丘のスロウキャンプでソロワンマンが決まっています。是非また会いましょう。

 

今日は、小田原です。鴨宮ジーズキャフェにむかってますよー!
甲府からはじまった9日間の旅もひとまず今日で終わりです。
小田原のみなさま、ジーズキャフェに是非会いに来てください。

2019.07.04 大阪 天六 鮨処小町

おはようございます。昨日は大阪天六にある鮨屋さん小町でのライブでした。


さすがに大阪を拠点に5日程滞在していると、なんとなく大阪の地理感、地下鉄や通りの名前などがわかってきた。大阪では通りを「筋」と呼ぶ。
天六ってのは天神橋筋六丁目の略で、なんばや梅田とはまた違った魅力のある町でした。新宿ゴールデン街ほど細かくはないんだけど、一見入りにくそうな個性的な小さなお店がたくさんあって、どこも美味しそう。ゆっくり回ってみたい。おれ、この町好きかも!

 

その天六に長く住む、杉本憲昭(杉やん)っていう男がいるんだけど、彼とはもう15年来の付き合いで、大切な親友の一人。
おれが「No money No honey」のTシャツを着ているのも、もともとは彼の歌う同名の曲があり、それがまたすげー名曲で、彼と仲良くなるきっかけになったところからきているのだ。


そんな杉やんが企画してくれた鮨処小町ライブ。
超満員御礼。
満員すぎて、ステージまではお寿司カウンターの内側を通っていくという事態まで。

杉やんネットワークさすがっす。
いい夜になりました。

 

今回集まったのは、その昔、心斎橋キングコブラで行われていた杉やん主催のイベントに縁がある面子。俺もrainman時代何度か出させてもらった。その時の懐かしい顔ぶれとも会えて嬉しかったな。愛あるブッキングができる男なのだ。

さらに当時のキングコブラの店長も顔を出してくれて、元気な姿をみられて良かったよ。

 

ライブは5日前のミヤロックフェスにも出演していた持田桐ちゃんが一番手。
すばらしい世界観。楽しいし踊れる。

どんどん進化してるなぁ。かっこいい女性って、こういうのを言う。

 

二番手は、杉やんとNICE。やっぱりいい唄唄いだなぁ杉本憲昭。

そしてNICEのエレキギターがこれまたナイス。まったくボーカルを邪魔せずに引き立てる。いい相棒だなぁ。そして「No money No honey」はやっぱり名曲!おれもcoverしたくなったよー。

 

三番手がおれ。初めましてのゼロな状態から少しずつみんなが耳を傾けてくれて、心を開いてくれる。こういう瞬間を逃さずキャッチできるようになったのが、この旅をしていて得た大事なひとつかも。最後の2曲「パパくさい」と「アイノウタヲ」は、桐ちゃんをゲストに迎えてレアなセッション。
楽しかったー!誰か動画撮ってないかなー(笑)

 

トリは、岸本&ケイスケ。ガットギターとアコギのインストのDuoなんだけど、演奏めちゃ上手い!超絶テクです。大阪すごいなー。おれ、インストはワリとすぐに飽きちゃうタイプなんですが(笑)食い入るように丸々ライブ見たの初かも。

 

鮨処小町は、お寿司さんなんだけど、ちょっとレトロ感のある洋風なテイストも入っていて、大将てっちゃんのセンスがすばらしい。そして、料理もうまい。ガリを入れたチューハイ(笑)ガリチュウもうまい(おすすめ)!てっちゃんありがとー!

 

お集まりのみなさん、ありがとうございました。
CD買ってくれた方ありがとよー!
また天六に遊びに来まーす。


杉やん世話になりました!
せんきゅーまいふれん。

 

 

関西5日間を終えて、ただいま名古屋にむかってますよー!
名古屋も久々ですねー。
今宵は新栄のバー、saloonです。
なんと投げ銭!
投げ放題ですので遠慮なくお願い致しますw

2019.07.03 京都 和音堂

おはようございます。昨日は京都和音堂でライブでした。


今回はrainman時代に仲良くなった盟友、京都の侍こと、シゲちゃんにお店を紹介してもらい、シゲちゃんネットワークを駆使して頂き盛大に開催することができました。

シゲちゃん、ありがとよー!

 

懐かしい顔が続々とお店に入ってきて嬉しかったなぁ。子供ができたり、昔のような無茶をしなくなったり、それぞれ時の流れを感じたけど、それが生きてるってことで、生きてるからこそまたこうして再会できて、ライブで一緒に唄えるっていうのはほんとに幸せなことだし、俺も唄い続けてて良かったと心から思ったよ。
忙しいなか、時間調整してくれてありがとうね。

 

それと、今回は旅行記「rainmanになるちょっと前の話」で出てくる旅人バンドのメンバーたちも駆けつけてくれて、びっくりしたー!嬉しかったー!

 

おれに音楽の楽しさを思い出させてくれた伝説の旅人Nさん。
ドラえもんでインドに上陸した相棒Sくん。
Cくんと共にブルースハープを吹いたT。

 

 

 

旅行記のなかでも初期に出会ったコアなオリジナルメンバー達が来てくれたのです。
長く唄っていても、なかなかこういう場面はないのでとても至福の時間でした。


あの頃のメンバーに会うと自然にあの頃の自分に戻るんだよなぁ。友情最高。旅に感謝!

あとは、東京から見に来てくれた国立の音楽友達S夫妻もいましたね!
都内では観られないかなりレアな夜だったので、わざわざ京都まで来て頂いたかいがあたったのではないでしょうか(笑)ありがとうございます。

 

セットリストも、レアな感じだったかな。

ふふふ。


Tシャツ、CD、買ってくれてありがとう。たくさん聴いて、また遊びに来てほしいです!

急遽オープニングを引き受けてくれたサイナラトモロック、ありがとねー!
またガチンコでやりましょう。

 

和音堂は長谷さんの音楽愛がたくさん詰まったステキな箱でした。
長谷さんありがとう。また寄りまーす。

 

せんきゅーまいふれん!

 

 

 

写真は上から
Nさんと。
左からNさん、Sくん、俺、T。
打ち上げの最後までいたツワモノなみなさんと。

結構気に入ってるフライヤ。

2019.07.01 大阪ルイード

おはようございます。
約7年ぶりの大阪ライブ、しかも初のソロツアーということで、大阪にいるおれの盟友、大阪ルイード店長でもあるオザワさんの力を借りて、大阪ルイードで唄わせてもらいました。


共演は、ソロ弾き語りとアコースティックユニットのみで構成されていて、イベント名は「縁結び」。そして、集結された演者達がみんな実力派のツワモノばかり。
ソロの世界に足を踏み入れたおれに、横の繋がりと、そして今の大阪の弾き語りシーンのクオリティをさりげなく提供してくれるオザワさんに感謝!わかってるなぁ。

とても有意義な1日でした。

 

よくよく聞けば、今回の出演者のブッキングをしてくれたのは、オザワさんの古くからの友達でもある快賊guild+のよっくんらしい。二人の信頼関係とツボのわかるセンスの成せる技でしょう。ありがとう。


よっくんは、この夏に独立して新しいライブハウスを始めるそうだよ。夢があるね。

名切翔輝くんと、市川セカイくんと、キタムラリョウくんは、おれと同じ弾き語りスタイルだったんだけど、それぞれ自分流の世界をしっかり確立させていて、声もいいしピッチもいいし、みんな演奏が上手い。
市川セカイくん俺は好きだなぁ。東京でもよくやってるみたいだよ。
キタムラリョウくんのギターは、全国ツアーしていても中々見ないレベルの上手さやった。歌もいい。
弾き語りの奥深さや、端折ることのできない場数の大切さを改めて実感。

聴いていてワクワクしたし、おれももっとがんばろーと思ったよ。いやー、やりがいあるわ弾き語り。

愁人くんの変則的なアコースティックなフリースタイルも面白かったな。真面目な?人柄が観られたステージでした。
快賊guild+は、おれの出番の前だったので楽屋のモニターで聴いてたけど、よっくんとは同年代なんだけど、同年代だなぁってわかる楽曲なんだよね(笑)たぶん同じルーツを追ってきたと思う(笑)今度新しいライブハウスが始まったら寄らせてもらおう。

 

オンタイムできっちりライブが進んでいくという、当たり前なことだけどなかなか出来ない仕切りを、昔からルイードはしっかりしてんだよね。スタッフの挨拶、昔ながらの顔合わせタイムとかね。


そして音も良かったなぁ。金かかってる(笑)

いまや日本最大手のライブハウスチェーンで、俺らみたいなスタイルはあまりルイードには似合わなくなってきてるんだけど、そのなかで昨日のような面子で1日を使うオザワさんのロックなセンスに敬意を払いたい。せんきゅーまいふれん

 

久々の大阪、久々の再会、新しい出会い、もろもろ絡み合って、打ち上げ終わったの3時くらい?(笑)
呑んだし話したな


友達たくさん増えました。


みんなありがとよー。

これからよろしくね。

 

 

 

長々と書きましたが、なぜなら今日はツアー中日のオフ。
喉を休ませて、また明日からに備えたいと思います。
まだまだ旅は続くのだ。

2019.06.30 ミヤロックフェス2019

おはようございます。
昨日はミヤロックフェスでした!


前日までの天気予報だと朝から晩まで雨マーク。
しかしなんと、朝起きたら雨が止んでいるではないか!
1日通してほぼ曇り空、小雨がたまにぱらつく程度(おれのライブの時w)。


みんなの祈りが通じたんだと本気で思ったよ。これぞ奇跡!


ミヤロックフェス、大成功おめでとうございます!

 

MCでも言ったけど、こんなに音楽を愛する人たちがいる町って他にあるのだろうか。こんなに大がかりなフェスを地元の仲間たちだけで手作りで成功させてしまうなんて!ほんとにすごい!
そしてミュージシャン多すぎだろ、この町!素晴らしい

 

そんな富士宮で産まれ育ったことがホントに誇らしいし、ステージからみんなのいい顔を見てたら熱い気持ちが込み上げてきたよ。最高だよ。ありがとう。

 

ステージ終わって裏に行ったら、コークヘッドの先輩たちが準備しながら、「このフェスのイメージにぴったりのライブだったね」って言ってもらえて嬉しかったな。

 

ゲストでサポートしてくれた、メンドリッズのドラムつばっちとブルースハープともくん、そして横須賀から来てくれたアザーガートのベースこすちゃん。ありがとう!バンドサウンドで出来てやっぱり良かった!あんたら最高

 

そして我々のステージの隣で、他に類をみない素晴らしいアートショーを見せてくれたトリコドウのみなさま、盛り上げてくれてありがとう!ナイスコラボレーション!
各ステージのデコも彼女たちの作品です。みんなと一緒に写真撮りたかったね

 

CD、Tシャツ、缶バッチ、たくさん飛び立ちました!ありがとう。
足元の悪いなか会場まで足を運んでくれたみなさんに心からありがとう!!

 

町を歩けば、すれ違う人みんな友達。握手の連続。
久しぶりに会えた人も多くて、こういう1日を作ってくれたことにホントに感謝。

 

全部のステージは観られなかったけど、セントラルステージのラインナップだけ見てもハードコアからスカからアイドルからパンクから、振り幅広すぎ(笑)
そして全部カッコいい!
おつかれさんです!

 

告知、運営、設営、片付け、諸々、色々ほんとに大変だったと思いますが、ホントに素晴らしい祭りでした。タカシさんをはじめ関係者のみなさまに最大級のリスペクト!!感動しました!

 

続けてほしいなぁ!


そしてまたあのステージであの景色が見たい!

 

ミヤロックフェス!改めて、大成功おめでとうございます!
ありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

ps ライブの直前に情報が入り、ライブ中でもお祝いさせてもらいましたが、アザーガートのドラムを叩いてくれております杉山章二丸さんのお子さまが6/30に無事に産まれました!
記念にここにも記しておきます
パーさん、おめでとうございます!

 

※写真は
10年以上ぶりに会えた元ネギ坊主のネギさん(わかる人いるかなw)。
雌鳥お面を付けたこすちゃん。
今ちゃんがボーカルをつとめる、今や重鎮ハードコアバンド、SBGMの圧巻ステージ。
大阪から来てくれた持田桐ちゃんのステージ。桐ちゃんとは7/4に大阪鮨処小町でまた一緒にやりますよ。

 

今夜は大阪!大阪ルイード!21:00から唄います。よろしくお願いします。

2019.06.29 裾野市運動公園「はじまりの森」

はじまりの森、雨の中お疲れ様!

そしてライブを見てくれたみなさんありがとよー!

 

 

やっぱり晴れたほうがいいけど(笑)
空の下でやるからには、いろんな覚悟が必要だ。

 

みなさんの覚悟が観られました。

風邪ひかないように!

 

 

明日はミヤロックフェス、はたしてどうなるか!?
楽しむしかない。

2019.06.29 裾野市運動公園「はじまりの森」

はじまりの森、雨の中お疲れ様!

そしてライブを見てくれたみなさんありがとよー!

 

 

やっぱり晴れたほうがいいけど(笑)
空の下でやるからには、いろんな覚悟が必要だ。

 

みなさんの覚悟が観られました。

風邪ひかないように!

 

 

明日はミヤロックフェス、はたしてどうなるか!?
楽しむしかない。

2019.06.28 甲府カフェキュイエール

おはようございます。
7時発のバスに乗ってすでに裾野を目指しております。

なぜなら今日のライブは昼間だから。
静岡県裾野市で開かれるマルシェ「はじまりの森」で、13時から唄います。雨は大丈夫でしょうかねー。
たくさんの方々が関わっているイベントなので、多少お足もとが悪くてもみんなで盛り上げられたらと思います。

 

 

 

さて、昨夜の甲府カフェキュイエール。
岩崎けんいちさんの人柄とお店の在り方が素晴らしくマッチした優しいイベントでした。


久々の再会あり、やっと出会えた初対面あり、そして、おれのことを初めて知ってくれたみなさんとの出会い。嬉しかったー!暑いなか足を運んで頂きありがとうございます。

 

ソロ活動を初めて各地で弾き語りのアーティストさんを見ていますが、岩崎さんワールドもまた岩崎さんにしか出せない世界観。生きてきた時間が歌や音だけではなく、その夜全体を包み込むのです。
ご一緒できて良かったです。


そんな岩崎ワールドのなか、優しい時の流れそのまま、おれも唄わせてもらいました。
岩崎さんとは、カンボジアつながりということで、おれのなかのカンボジア三部作、湖の町、二人旅、partyを唄いました(片耳リリーって曲もあるんだけど)。
それぞれの目線でみたカンボジアを、曲という形で表すことで、面白い共有ができたかと思います。

アンコールも頂けたので、開演前からお手伝いしてくれた古い友達Kさんのリクエスト、青いバスを最後に唄いました。感謝!

 

もちろん、アザーガートの曲や、パパくさい/クラヤミもやりましたよ。CDたくさん飛び立っていきました。ほんとにありがとう。

 

出会えたみなさん、またお会いしましょう!今度はキュイエールのママとしこさんにも会いたい。
岩崎さん、夕暮れの公園で声をかけてくれてありがとう!

 


また甲府遊びにきます!

今日明日と、野外ライブが続きます。


みんなこの日のために、多くの時間とパワーをかけています。お天道さんもそれ見てるよな!?たのむぜおい。

晴れるといいな。
空の上に誰か住んでいるなら。カレラをあたたかい世界で包め。

2019.06.12 早稲田リネン

昨夜は早稲田リネン初登場でした!
ここは、池袋にあった伝説の名店「鈴ん小屋」の店主さんが新しく展開している箱なのです。「鈴ん小屋」の話は地球屋界隈のみんなからよく聞いていて、とても気になっていたのですが、オレはついにお店に行けないまま惜しまれながらも閉店してしまったので、こういう形で繋がれて嬉しかったです。

今回はハンサム判治さんの呼びかけで集まった6組のアコースティック系イベントでした。
判治さんとの付き合いは実はわりと長くて、同年代のバンドシーンをずっと引っ張ってくれてる心強い兄ちゃんて感じなのです。今は無き、オレの青春・富士アニマルハウスにもよく来てくれてたしね。rainmanとハンサム兄弟のツーマンとかもやってたんじゃないかなー当時。
まぁそんな判治さんの集めたメンツだったので、とにかく見応えがあったよー!

みんな個性的だし独創的だし、自分の持ち時間でしっかり全部を出すためにしっかり準備して、心の足し引きして、そしてステージに上がってしっかりと全部出すんだよなー。見る方の心に爪痕残してさ。
ほんとに音楽って、ライブハウスって、素晴らしい場所だよなーと感じるよ。
趣味がないから何かほしいって人は、これからライブハウス巡りを趣味にしたらいいよ。感動集めが趣味ですってね。最高だよ😍

とにかく一夜にこれだけの熱量を堪能できるって、ホントに贅沢な夜でした!

なんとなく、オレもソロのやり方みたいなのが少しずつわかり始めてるかな。まだまだ理想には遠いんだけどね。見てくれてありがとう!

トリは、ハンサム判治さんと橘田美穂さんのゴリラ人間ズデュオでしたが、数々の判治さんライブを観てきましたが昨日が一番グッときたよ!
ラストソングのサンタクロースの歌は、「パパくさい」とはまた違った角度でのパパソングで、懐の深い良い歌だった。それぞれのリアルを歌にして、共鳴できるって幸せだ

そうそう、昨日はダイスケが3人いました。
判治さんもダイスケなのです。
そしてhidaviciousのひだくんもダイスケなのです。
いい名前だなぁw
そして、ダイスケ3人、みんなレーベル・フェニーチェ安藤さんつながりなんですよね。
昨夜は安藤さんhidaviciousで素敵なゾーさんギター弾いてました。
普段は穏やかな方なんですけど、ギター持つとすごいんすよ!
記念に安藤さんと3人のダイスケの写真載せておきます。

 

というわけで判治さんありがとう!
共演のツワモノの皆さんありがとう!また一緒にやりましょう。
足を運んでくれたアナタ!パパくさいGETしてくれたアナタ!
心よりせんきゅーまいふれん♬