くにたち地球屋にアザーガート!6/28LIVE!

ライブのお知らせです。

 

アザーガート、1年半ぶりに国立地球屋登場!

6月28日、木曜日!です!!

 

国立地球屋界隈のみなさま、是非この機会にフルメンバーののアザーガート観てください。

そして、まだ地球屋に来たことがないアザガーヘッズのみなさま、地球屋はわたくしがスタッフをしていたこともある、馴染みのある箱なのです。

とても素晴らしい空間なので是非この機会に地球屋を知ってくださーい♪

 

共演はあの、やっほー!バンドです。

アザーガートとやっほー!バンドのツーマンでなんとチャージは地球屋価格の1000円!

お得!

贅沢な夜を過ごしましょう♪

 

え?この日は、W杯・日本×ポーランドだって??

大丈夫です。試合開始までには余裕を持って終演します。

 

otherghat 20:00〜

やっほー!バンド 21:00〜

 

6月は、バンド編成この1本だけです!

地球屋に足を運んでください。

 

よろしくお願いしますー

 

【バンドプロフィール】

2014年3月に突然12年間に及ぶ活動を停止したロックバンドrainmanのボーカル小林大輔と、ギター山口克彦を中心に静かに動き始める。

ベースにラスタシーンを背景に様々な音楽を奏でるマルチミュージシャン・ケンタ コスゲを加え、鍵盤奏者には喜多郎バンド(2001年グラミー賞受賞)の中枢メンバーとして世界ツアーを続けるあの海老原真二が正式な参加を表明。

その後、忌野清志郎氏率いる覆面バンド・ザ・タイマーズや三宅伸治氏がボーカルを勤めるMOJO CLUB等でドラムを叩く杉山章二丸までもが正式ドラマーとしてメンバーに加わることとなった。

散りばめられ見過ごしてしまいそうな一片達を丁寧に紡いでゆく大輔の言葉に、 強烈ともいわれる個性溢れるメンバー達が音とリズムで命を吹き込み、他に類を見ないロックバンドとなる。

2016年夏、otherghat (アザーガート) 初ライブ。

そして2018年ついにフルアルバムリリース!

新しい物語の幕開けである。

 

【otherghat MEMBER】

小林大輔 / daisuke otherghat (Vo.&Gt.)

山口克彦 / KATSUHIKO "kattsun" YAMAGUCHI (Gt.&Vo.)

海老原真二 / SHINJI "ebi-chan" EBIHARA (Piano,Organ&Vo.)

ケンタ コスゲ/ KENTA KOSUGE (Bass)

杉山章二丸 / SHOJIMARU "PA-" SUGIYAMA (Drum)

 

地球屋presents SPECIAL 2MAN!!

アザーガート、1年半ぶりに「国立地球屋」決定!!

共演は、「やっほー!バンド」!!

地球屋価格のチャージ1000円!!

 

2018/06/28 THU @国立 地球屋

【出演】

otherghat 20:00〜

やっほー!バンド 21:00〜

 

open/start 19:00/20:00

charge ¥1000/1Drink

 

5/2

2009年の5月2日の思い出。 清志郎さんの訃報を聞いたのは国立地球屋のバーカウンターだった。 ちょうどこの日は地球屋でrainmanのワンマンだった。 2時間ちょっと唄いきって、達成感と高揚感で最高の気持ちが、がくっと叩きつけられたのを覚えてる。 そしてもう一つ覚えてるのは、その時ケータイがなったのだ。 出てみたら相手はパーさんだった。 で、「大丈夫か?」とか言われた(笑) 自分の方が俺なんかよりもっとショックだろうに(笑) ちょっとその電話で救われた気持ちになったな。 たぶんパーさん本人は電話したことすら覚えてないと思うけど(笑) 清志郎さんが生きてたら震災後の日本をどう歌うんだろうね?なんてことをたまに話す人もいるけど、まぁ俺もそのことに興味が無いわけじゃないが、でも、そんなのわかるわけないし、彼ならきっとこう言うだろう!とか、彼は未来を予言してた!とか、イデオロギー的な何かに無理やりくっつける解釈はあまり好感をもてないんだよな。死んだ本人がなにも言えないのをいいことに、って思っちゃう。 だっていつでもあの人は、みんなが想像できない切り口で掴みどころのない言葉遊びでニヤっとさせるような期待の裏切り方をしてきたから。 俺ならどう唄うだろう。 ってことで、いまも唄ってます。 PS 各地で命日の催しがあるかもしれませんが、神田THE SHOJIMARUでも今日は清志郎ナイトらしいよ。参加自由でドラムはパーさんが叩くって。時間がある方は是非パーさんのタイコを体感して高らかにボスの歌を歌ってください。 最後に、ちょうどこの日の、訃報を知る少し前の、2009年の5月2日のライブの動画があったんで載せておきます(笑) https://youtu.be/vUcpzD4UOHo #清志郎 #清志郎命日 #忌野清志郎 #国立地球屋 #地球屋 #ボス

otherghatさん(@otherghat)がシェアした投稿 -

アザーガートを呼びたい!

アザーガートを呼びたい!

 

「アザーガート」を地元に呼びたい!どうしたらいい?というお問い合わせが増えております。
ありがとうございます。

 

そんなリクエストに応えて…

「エビちゃんダイちゃん二人旅、あなたの街まで行きますよ♪」

 

各地で大好評頂いている、acoustic otherghat(エビちゃんダイちゃん二人旅ver.)のオファーを募集します。
音が出せる場所があれば屋内野外問わずどこでも大丈夫です。
プライベートPARTY等でもOK!

音響機材はすべてこちらで用意します(小さなBARから、体育館くらいの大きさまで可)。最高級の音質を約束☆

日程、交通費、日帰りが難しい場合の宿泊環境、ギャラ(チャージバックでも可)など、お互い無理のないよう、メールで相談していきます。
まずは気軽にお問い合わせくださいね。

もちろん、フルメンバー「アザーガート」でのオファーもお待ちしております。

全国のイベントのオーガナイザーさん、ライブハウスのスタッフ様、ご連絡お待ちしております。

すべての問い合わせは
アザーガートオフィシャルアドレス
kazenokoe1975@hotmail.com
までお気軽にメール下さい。


 

acoustic otherghat エビちゃんダイちゃん二人旅

 【エビちゃん大ちゃんプロフィール】

 

●エビちゃん(海老原真二)

 

鹿児島県出身

関西にて、フォークデュオ「紙ふうせん」のサポートキーボーディストとしてプロ活動を開始。
その後、「岡村孝子」「あみん」「森口博子」「森公美子」「鈴木聖美」「荻野目洋子」「時任三郎」「オユンナ」など、様々なアーティストのコンサートツアー、レコーディングに参加。バンドマスター等を勤め、日本のポップスシーンを支える。

また世界的ミュージシャン「喜多郎」のワールドツアーにも長年に渡り同行し、2017年のグラミー賞にノミネートされた「空海の旅5」のレコーディングにも参加。

他にも、「ジャン・シャオチン」「ト・ゼンショウ」など中国人アーティストとのコラボレーションや、長唄三味線とのコラボCDを発表するなど、様々なジャンルで活動。
また震災後には、自己のユニット「smile」より、ヒーリング童謡アルバム「Smile」を発表。喜多郎氏所属のドーモレコードより世界配信。
2014年、オリジナルミニアルバム 「Smile/祈り〜peaceful〜」を発表。

2016年、ロックバンド「アザーガート」に正式メンバーとしての参加を表明。
2018年、1stアルバム「otherghat」発表。

 

●大ちゃん(daisuke otherghat)

 

静岡県富士宮市出身

20代前半を世界放浪に費やす。
旅の途中、偶然ギターを手にしたことで旅人バンドを結成。
ネパールやインドのガンジス川船上等でライブを行う。
帰国後、旅人バンド「rainman」を結成。
2003年、CDデビュー
その後6枚のオリジナルアルバムをリリース。
「rainman」2003
「jetlag songs」2004
「秘密基地」2005
「ヒマリホテルの花」2006
「no rain no rainbow」2007
「monsoon jam」2010
2014年、ベストアルバム「BEST FOR LAST」を発表し、12年に及ぶrainmanの活動を終える。

また、実弟とのアコースティックユニット「雨々」としても活動。
2013年にアルバム「えびとかげ」発表。

2016年、ロックバンド「アザーガート」結成。
2018年、1stアルバム「otherghat」発表。

 


 

【アザーガート プロフィール】

 

2014年3月に突然12年間に及ぶ活動を停止したロックバンドrainmanのボーカル小林大輔と、ギター山口克彦を中心に静かに動き始める。
ベースにラスタシーンを背景に様々な音楽を奏でるマルチミュージシャン・ケンタ コスゲを加え、
鍵盤奏者には喜多郎バンドの中枢メンバーとして世界ツアーを続けるあの海老原真二が正式な参加を表明。
その後、忌野清志郎氏率いる覆面バンド・ザ・タイマーズや三宅伸治氏がボーカルを勤めるMOJO CLUB等でドラムを叩く杉山章二丸までもが正式ドラマーとしてメンバーに加わることとなった。
散りばめられ見過ごしてしまいそうな一片達を丁寧に紡いでゆく大輔の言葉に、
強烈ともいわれる個性溢れるメンバー達が音とリズムで命を吹き込み、他に類を見ないロックバンドとなる。
2016年夏、otherghat (アザーガート) 初ライブ。
そして2018年ついにフルアルバムリリース!
新しい物語の幕開けである。

 

アザーガート / otherghat
小林大輔 / daisuke otherghat "dsk.og" (Vo.&Gt.)
山口克彦 / KATSUHIKO "kattsun" YAMAGUCHI  (Gt.&Vo.)
海老原真二 / SHINJI "ebi-chan" EBIHARA  (Piano,Organ&Vo.)
ケンタ コスゲ/ KENTA KOSUGE  (Bass)
杉山章二丸 / SHOJIMARU "PA-" SUGIYAMA (Drum)


 

アザーガート、1stアルバム発売によせて。

朝起きて、薄いコーヒーを飲みながら、いよいよ1週間後に発売を控えたアザーガートのフルアルバムのサンプルを通して聴く。

全12曲、それぞれの曲がそれぞれの世界を持ちながら展開していき、色んな想いが込み上げてくる。

 

アザーガートの最初のライブから1年半経つが、このアルバムのレコーディングはさらにその1年半前から始まった。

約3年かけて、本当に紆余曲折しながら進めてきた音源だ。

 

メンバーはベテランの音楽家が多いので、ある程度のハイクオリティを当たり前のように出せると思われがちだけど、バンドサウンドということになると一長一短にポンと出せるわけではない。

何年もプロとして音楽をやっていても、新バンドとなると全員が1年生。

赤子が寝返りをうち、やがて這い、そして立ち上がって歩き出すように、少しずつ前に進んできたのだ。

さらに俺の場合は、そんなに器用な人間ではないので、セッションミュージシャンのように瞬発力良くうまいことできなくて、慣れるまで人よりも多くの練習が必要なのだ。

 

儚き強きこの路は、決して遠くまで見通せる光で照らされているわけではない。

足元と、薄っすら見える前だけを見て、時に足掻き、立ち止まり、時に自信に満ち、今この時だってなんとか立っている。

 

そんな中で、ずっと制作してきたアルバムを世に出せることが、本当に嬉しい。

 

 

バンドメンバーだけではなく、たくさんの方の力を借りて、発売まで辿りつけました。

特に、レーベル「フェニーチェ」の主宰、安藤さんとの出逢いは我々にとってとても重要で、安藤さんがいなければこのアルバムは完成できなかったでしょう。本当に様々な方面で助けて頂きました。感謝してもしきれません。ありがとうございます!

それとジャケット作成で、ワガママを全部二つ返事で引き受けてくれた天才デザイナーふくちゃん。ありがとう!!

それから、ジャケ写全般と、MV作成で頑張ってもらった盟友ザビさん。ありがとうございます!

 

 

いよいよアザーガートの1stアルバム「otherghat」が発売されます。

本当に多くの人に、このアルバムを聴いてほしい!

ブックレットをめくりながら、ゆっくりと音と言葉に浸ってほしい!

ニヤッとしたり、ホロッとしたり、グッときたりして、そして聴き終えた後にはちょっと目の前に光が射すような、そんなアルバムになってると思います。

 

アザーガート、デビュー作にして、ベストアルバムと言えるでしょう!

「今」が全部が詰まってます。

絶対聴いてくれーー!!

 

 

 

2018年2月3日、全国店頭販売開始!

予約して頂けると確実です。

 

タワーレコードオンラインはこちら。(オススメ)

amazonはこちら

 

店頭に無かった場合は 「アザーガート」「otherghat」「FECD-0161」等をお店の方に伝えて頂けるとわかると思います。

 

よろしくお願いします。

 

otherghat Vo. 小林大輔

 

 

 

 

 

【商品説明】

アーティスト名/ アザーガート アルバムタイトル/ otherghat 結成1年、じわじわと音楽シーンにその存在を知らしめている超ド級の新人バンド「アザーガート」が、ついに12曲入りとなる1stフルアルバムをリリース! ライブでは定番となっている曲から、録り下ろしの新作まで、デビューアルバムにしてベストアルバム! アザーガートの魅力がたっぷり詰まった渾身の12曲です。 個性あふれるメンバーたちの、これぞバンドサウンドという強烈でバラエティ溢れる演奏に乗せた、Vo大輔にしか描けないコトバの世界(情景)をお楽しみください。

 

収録曲

01. 静寂の再起

02. アイノウタヲ ※MV公開中※

03. 星をつなげて

04. ミエルミエナイ

05. 無常の箱庭

06. river

07. 2・5レジスタンス  ※募集した子供達の声収録※

08. ホンノスコシダケ

09. ノスタルジア

10. 迎火

11. bird

12. ghat

 

定価:2500円(税別)

 

 

 

 

感謝を込めてリリースパーティー開催決定!

ありがとー!お祝いだー!

 

[otherghat Release Party]

2018/02/11[SUN]

@神田THE SHOJIMARU

 

18:00 open 18:30 start

前売2500円/当日3000円

 

【SPECIAL GUEST】

・ズクナシ

・川口カズヒロ(from DATSUN320)

 

来場者特典アリ!

CD購入者特典アリ!

 

 

 

【バンドプロフィール】

2014年3月に突然12年間に及ぶ活動を停止したロックバンドrainmanのボーカル小林大輔と、ギター山口克彦を中心に静かに動き始める。 ベースにラスタシーンを背景に様々な音楽を奏でるマルチミュージシャン・ケンタ コスゲを加え、鍵盤奏者には喜多郎バンド(2001年グラミー賞受賞)の中枢メンバーとして世界ツアーを続けるあの海老原真二が正式な参加を表明。 その後、忌野清志郎氏率いる覆面バンド・ザ・タイマーズや三宅伸治氏がボーカルを勤めるMOJO CLUB等でドラムを叩く杉山章二丸までもが正式ドラマーとしてメンバーに加わることとなった。 散りばめられ見過ごしてしまいそうな一片達を丁寧に紡いでゆく大輔の言葉に、強烈ともいわれる個性溢れるメンバー達が音とリズムで命を吹き込み、他に類を見ないロックバンドとなる。 2016年夏、otherghat (アザーガート) 初ライブ。 そして2018年ついにフルアルバムリリース決定! 新しい物語の、ほんとの幕開けである。

 

 

アザーガート/otherghat

小林大輔 / daisuke otherghat (Vo.&Gt.)

山口克彦 / KATSUHIKO "kattsun" YAMAGUCHI (Gt.&Vo.)

海老原真二 / SHINJI "ebi-chan" EBIHARA (Piano,Organ&Vo.)

ケンタ コスゲ/ KENTA KOSUGE (Bass)

杉山章二丸 / SHOJIMARU "PA-" SUGIYAMA (Drum)

祝★[ロックジェットVol.71]掲載情報!「アザーガード始動!(原文ママ)」

どうもダイスケです。

今日はひとつ嬉しいお知らせがあります!

 

なんと、、あの人気音楽雑誌「ロックジェット」に我々アザーガートの紹介が掲載されますよ!

 

「ロックジェット」は、あの老舗出版社シンコーミュージックから年に数回発行される本当の音楽好きの為のディープな音楽情報誌(俺の主観)で、バックナンバーを見てもらえるとわかると思いますが、俺にとってドンピシャなアーティストさんをたくさん特集してくれるので、愛読雑誌でもあるわけです。

そんなロックジェットの最新号、

2017/12/6発売の[ロックジェットVol.71]に見開き2頁にわたりアザーガートが紹介されることになったのです!!

すばらしい!

感謝!!!

 

 

で、、、

 

 

そこでなんですが、、

 

 

今回のロックジェットの記事について、1つ捕捉しておかなければいけないことがあります。

 

このブログのタイトルで、勘のいい方は、お察し頂けたかもしれません(笑)

 

そうです、、 今回のロックジェットの記事でも、我々のバンド名アザーガートが、「アザーガード」で紹介されています(笑)

 

結成1年と4ヶ月、、これまで幾度となくライブハウスの片隅で、「ガードじゃないよガートだよ…」と呟いて来ましたが、 まさか、全国紙の読者さまに向かって放つとは思いませんでした(笑)

 

 

「ガードじゃないよ、ガートだよーー!!」

 

というわけで、 改めまして、我々、アザーガートです(笑)

 

誤解なきようシッカリと記しておきますと、

この誤字の件は、すでにライターさんから直接謝罪を頂いておりまして、我々も納得したうえで、こうして発売前に皆様に報告できるわけでして、我々とライターさん、ましてやシンコーミュージックムックさんとの間に確執が出来たなんてことは微塵もありません。

それどころか、まだ音源もリリースしていない、結成間もないこの無名バンドを、歴史のある人気音楽雑誌でとりあげて頂いたこと自体、大変光栄で、感謝の気持ちでいっぱいなのです!

ほんとありがとうございます!

 

一応、読者さんの中で、我々の記事を読んでバンド名を検索してくれる方もいるかもしれないと思い、このブログに引っかかればいいかな?と、あえてこのブログタイトルにさせて頂きました。

他意はありませんよ。

 

まぁ、ここまで間違えやすいと、いっそのことアザーガードに名前を変えたほうがいいのかも?とも思いましたが(笑)、

それもまたややこしくなりそうですし、

アザーガードだと、どこかの市販の鼻炎のクスリみたいな感じもしますので(主観です)、

これからも「アザーガート」でやらせてください(笑)

 

呼び名がなんであれ、我々の音楽はひとつですので、先ほども言いましたが、たくさんの方に知ってもらえる機会を頂いて感謝です。

逆に、今後の活動で「アザーガートがまだアザーガードとよく間違えられていたということを証明する貴重な資料!」なんて感じで、価値が出るようにもっともっとがんばりまーす!

ありがとうございます!

 

 

「ガードでも なんでもいいよ ヨロシクね」

 

 

話を本編に戻しますと、

 

今回の[ロックジェットVol.71]は誌面をリニューアルしての新たな第一歩ということで、記念すべき号なんですよ。

特集はあの「BOØWY」です。

まさしく俺の世代の伝説のバンドですね。

BOØWY派かブルーハーツ派か!?みたいなね。

 

表紙はこちらですね。

 

 

他にも THE ROLLING STONESの特集とか、

竹原ピストルさんの、神田THE SHOJIMARUでのライブレポとか、

浜田省吾さんとか、 もう、盛りだくさんの内容ですので、

書店で見かけたら是非買ってください!

人気雑誌なので結構すぐ売り切れます!

amazonとか、ネットでも買えると思います。

 

12月6日 発売ですよ!!

よろしくお願いします。

 

 

 

 

そして、アザーガート、フルメンバーでの年内最後のライブも迫ってきました!!

最後は久々のアザーガート企画です!!

 

激アツ3マン!

ボーカルは、みんな俺と同年代で、3バンドとも、長年インディーズ業界で生き残ってきた知る人ぞ知るホンモノたちです。

どれも個性派揃い!たっぷり堪能できますよ。

 

今年の集大成!

是非、12月17日!日曜日 神田THE SHOJIMARUに足を運んでください★

 

2017年12月17日(日)

@神田 THE SHOJIMARU

 

otherghat presents

[GHAT FES. VOL.1]

真冬の灼熱スリーマン!

 

HANZI BAND

MUSHA×KUSHA

otherghat

 

OPEN 18:00 / START 18:30

前売り2500/当日3000 

+1DRINKS

 

予約はTHE SHOJIMARU店頭、もしくは各バンドのHP、

もしくは、こちらのメールでもOKです。

kazenokoe1975@hotmail.com

 

 

アザーガートHP

http://otherghat.com/

 

 

アザーガート / otherghat

 

2014年3月に突然活動を停止したロックバンドrainmanのボーカル小林大輔と、ギター山口克彦を中心に2015年2月より静かに動き始める。
ベースにラスタシーンを背景に様々な音楽を奏でるマルチミュージシャン・ケンタ コスゲを加え、鍵盤奏者には喜多郎バンド(2001年グラミー賞受賞)の中心メンバーとして世界ツアーを続けるあの海老原真二が正式な参加を表明。その後、忌野清志郎氏率いる覆面バンド・ザ・タイマーズや三宅伸治氏がボーカルを勤めるMOJO CLUB等でドラムを叩く杉山章二丸までもが正式ドラマーとしてメンバーに加わることとなった。

散りばめられ見過ごしてしまいそうな一片達を丁寧に紡いでゆく大輔の言葉に、強烈ともいわれる個性溢れるメンバー達が音とリズムで命を吹き込み、他に類を見ないロックバンドとなる。

2016年夏、otherghat (アザーガート) が動き出した。
新しい物語の幕開けである。


雲が流れて光が射した
風が囁いてまつ毛を揺らす
自分の限界ドアノブの無いドア
セロファン重ねた花が揺れる
あいつが振り向きひとつ頷いた
君が見下ろして眩しく微笑む
 もう一度この路の上
もう何度目かのこの路の上
儚き強き路
静かに動きだす
〜『静寂の再起』より〜

 

 

メンバー
小林大輔 / daisuke otherghat  (Vo.&Gt.)
山口克彦 / KATSUHIKO "kattsun" YAMAGUCHI  (Gt.&Vo.)
海老原真二 / SHINJI "ebi-chan" EBIHARA  (Piano,Organ&Vo.)
ケンタ コスゲ/ KENTA KOSUGE  (Bass)
杉山章二丸 / SHOJIMARU "PA-" SUGIYAMA (Drum)